最終更新日:17.08.20

在宅ワーク・在宅副業の厳選情報

セカンドジョブ
在宅ワーク・副業・内職など、自宅でできるSOHO系のお仕事&求人情報を厳選してご紹介!
セカンドジョブ[HOME] > 仕事別在宅ワーク・在宅副業 [WEB デザイン]
資料請求

お仕事別在宅ワーク・内職 [WEB デザイン]

WEBデザインの在宅ワーク、そのお仕事の特色とポイントを紹介しています。

WEB デザイン

WEBデザインとは、主に企業のWEBサイト(ホームページ=HP)の制作を指します。

単なる表面的なデザインにはとどまらない専門的なお仕事ですので、関連する様々な知識、経験、スキルはもとより、機材やソフトの充実も必要になり、かなりハードルが高いといえます。(センスも重要な要素です)

大企業からの依頼はまずありませんが、中小・零細企業の中でHPをつくりたいという需要はコンスタントにあります。

HPを作成する場合、デザイナー、プログラマーは必須ですが、常勤となるとコストがかさむため、不況が続く最近では特にWEB制作の一部を外部に委託するアウトソーシングが増えているのです。

このお仕事で最低限必要なスキルとしては、HTMLの知識は必須になります。

HTMLの手打ちができない場合はホームページ作成ソフトが必要ですし、もちろんデザインや画像加工に必要な画像処理ソフト(Illustrator、Photoshop、Flashなど)、エディタなどの専用ソフトも必要です。

また、PC環境も最新のOS(基本ソフト)が必須ですし、クライアントの要求によってはWindowsのみでなくMacも、そしてそれぞれに最新の主要ブラウザ(IE/safari/firefoxなど)も用意する必要があります。

ことほどさように事前に準備する機器やソフト、求められるスキルは数多くありますが、このお仕事で一番重要と言えるのは、クライアントの意向と自身のセンスとの兼ね合いを見極め、調整できるかどうかなのです。

どんなにデキがいいデザインができても、クライアントが求める要素やセンスが反映されなければ、それはゼロに等しい世界なのです。そのためには担当者とのやりとりにおけるコミュニケーション能力・・理解・判断力、調整能力等が欠かせません。

こう述べてくると、とてつもなく難しいお仕事に聞こえますが、それだけに高い報酬も見込めます。スキルがあり、環境が整っている方にとっては、変化もあり、とてもやりがいのあるお仕事ではありますので、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?。

なお、報酬ですが、サイトの規模、ページのつくり、デザイナーの力量によって異なることはありますが、相場は1ページ3000円〜5000円くらいが多いようです。

※複雑なデザインが必要なページや、Flashでつくるページなどは単価が高くなります。なお、トータルでウン十万という契約形態もまれにあります。

※デザイン実績(見本作品)は必ず求められますので、過去に制作したサイトのURLや、デザイン作品などはアピールできるようにまとめておきましょう。
【当サイトがおすすめするこのジャンルの求人サイト】
シュフティ
■ 主なお仕事:データ入力ほか様々な在宅業務
■ 難易度:簡単なお仕事〜比較的専門性の高い業務まで各種取り扱い中。専門的なスキルを持った方にも最適。
■ 特色:受け取った報酬の一部を手数料として控除する"完全無料"の安心システム(クラウドソーシング)を採用。

メインメニュー

仕事別在宅ワーク・副業

在宅ワークの基本ステップ

おさえておきたい基礎知識

お役立ち情報リンク

お仕事チェックリスト

気になったお仕事のボックスをチェックするとこのリストおよび一覧に表示されます。

スポンサードサーチ

▲ページTOP へ