最終更新日:17.03.29

在宅ワーク・在宅副業の厳選情報

セカンドジョブ
在宅ワーク・副業・内職など、自宅でできるSOHO系のお仕事&求人情報を厳選してご紹介!
セカンドジョブ[HOME] > 在宅ワーク探しの基本ステップ[STEP1 目的を決める]
資料請求

在宅ワーク探しの基本ステップ

在宅ワーク探しを行う際の管理人がおすすめするステップです。

基本ステップ

STEP1

目的を決める

何のために在宅ワーク・副業を始めるのかを再確認しましょう


在宅ワーク、副業を検討する前に大事なことは、まずご自身が何のために在宅のお仕事を選ぶのかという目的を明確にすることです。

例えば・・

>>生活費の補填?へそくり、またはゆとり資金?旅行等のレジャー資金?老後の準備?

これらの目的が明確なら、ご自分のライフワークに合ったお仕事も探しやすく、長く継続できる可能性が高いのです。

逆に、これらの働く目的やスタンス(姿勢、立ち位置)を明確にしないまま、やみくもに在宅ワークを始めても、一般的には長続きしない(がんばれない)という結果に終わってしまうケースが多くなります。(筆者の経験)

お仕事に割ける時間を再確認しましょう

在宅ワークを始めた場合、どのくらいの時間を割けるのかは、当初にはっきり決めておくべきです。

例えば・・・

>>毎日1〜2時間?毎日フルタイム(5時間程度)で?休日(土日、祝日)に集中?

ここで注意すべき点は、ご自身が取り組み可能な時間(在宅ワークに割けると思われる余裕)の80%程度で考えることです。

どんなに簡単なお仕事でも、必ず納期がありますし、自分では大丈夫と思っていても、不測の事態ということはどなたにでもあり得ます。

不測の事態であっても個人的な都合で納期を遅らせることは、信用を失い、お仕事の継続依頼が途絶える原因となりますので、ある程度余裕をもった取り組み時間の設定が必要なのです。

・収入目標を決めましょう

在宅ワークや内職で得られる収入は、仕事の内容によって(出来高と単価)様々ですが、取り組むにあたってあらかじめ収入目標を決めておくことは、ご自身のモチベーション(がんばれる動機付け)を持続する上でも必要でしょう。例えば・・

>>毎月1〜2万円?5〜10万円?20万円以上?

ここで大切なことは、お仕事の対象をご自身のスキル(技術、技能)がフルに活かせ(取り立ててスキルがなくても興味をもてるお仕事であること)にある程度絞り込むことです。

いくら高額な収入が得られるお仕事が見つかっても、自分に全く興味がないお仕事は苦痛に変わり、長続きしない原因となってしまいます。

ただし、最初からすべての項目に合致したお仕事に絞りすぎても、結果「該当なし」となってしまいますので、目的の中でも「この条件は絶対に譲れない」「この条件はある程度妥協できる」というように、ご自身の中で「優先順位を決めておくことも重要でしょう。

 | > 次へ 2.資料請求(または登録)

メインメニュー

仕事別在宅ワーク・副業

在宅ワークの基本ステップ

おさえておきたい基礎知識

お役立ち情報リンク

お仕事チェックリスト

気になったお仕事のボックスをチェックするとこのリストおよび一覧に表示されます。

スポンサードサーチ

▲ページTOP へ